弁護士法23条による照会とソフトバンク

不貞行為の慰謝料請求訴訟等では、携帯電話の電話番号で相手方を特定しようとすることがあります。

弁護士の調査方法としては「弁護士法23条による照会」があります。

電話番号がわかれば、NTTドコモ、au、ソフトバンクのうち、どの会社であるかが分かります。

NTTドコモ、auに弁護士法23条による照会を行えば、携帯電話の番号の契約者・使用者の住所・氏名、請求の送付先の確認ができます。

しかし、ソフトバンクはその照会による回答を拒否してきます。弁護士会も努力をしていますが、ソフトバンクの姿勢が変わりません。

About Author

木下敏秀

木下敏秀

弁護士 木下敏秀(きのしたとしひで)
【主に従事してきた分野】
離婚、相続、任意後見、高齢者の財産管理、信託、交通事故、残業代金の未払、消費者問題、マンション管理
会社再生・倒産処理、欠陥住宅、コンプライアンス委員会の設置、フランチャイズ本部の立ち上げ
【所属等】
日本弁護士連合会 ひまわりホットダイヤル担当弁護士
愛知県弁護士会 地域弁護士制度担当弁護士
大手理容美容専門学校 コンプライアンス委員長
日本交通法学会所属
【著書(共著)】
名誉棄損・プライバシー