離婚問題のさまざまなご相談・依頼内容から代表的な事例です。名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では16名の弁護士が離婚について電話法律無料相談を受け付けております。親権・不倫・DV・モラハラ・慰謝料などお気軽にご相談下さい。

DVと離婚

DV(ドメスティック・バイオレンス)は、夫婦間での暴力をいいます。肉体的な暴力をはじめ、精神的苦痛を与える場合や、性的関係を強要する場合、金銭的制限を必要以上に加える場合も含みます。DV被害に遭ったらどうすればいいの?ケース1 「夫から暴力を振るわれて、怪我をした。」

死後離婚

死後離婚という言葉があるそうです。配偶者が亡くなると離婚はできません。離縁や認知は一定の要件があるものの死後も可能ですが、離婚はできません。離婚をすると配偶者の親などとの姻族関係は終了します。元夫の親についての扶養義務もありません。

偽装離婚届と有効性

例えば夫に借金があって債権者からの妻に対する督促を避けるためなど、妻と協議して、便宜上協議離婚届を出したとします。

その後、督促がなくなったので妻に復縁をもちかけたが拒否された場合、夫は離婚の無効を主張して婚姻関係の復活をさせることができるでしょうか?
そのような場合でも、離婚は有効であり、夫は離婚の無効を主張して婚姻関係を復活させることはできません。

行方不明の配偶者に離婚裁判を起こしたい場合

行方不明の人に対して裁判を起こす必要がある場合(公示送達)
行方不明の人に対して裁判を起こす場合に行われるのが、この制度です。
例えば夫と離婚したいので夫に対して離婚裁判を起こしたいが、10年前から夫が行方不明で住民票もそのままというようなケースです。

離婚して半年後に生まれた子の養育費

離婚してから半年後に、別れた奥さんが男の子を生みました。一郎さんは、自分の子ではないので放置しておいたところ、それから1年以上経って、元奥さんが、この子は一郎さんの子だと言って養育費を要求してき父子関係を否定してこの推定を覆すためには、「嫡出否認の訴え」によりますが、この訴えは子の出生を知ってから1年以内に提起しなければいけません。ました。